中国・本の情報館~東方書店~
サイト内検索
カートを見る
ログイン ヘルプ お問い合わせ
トップページ 輸入書 国内書 輸入雑誌  
本を探す 検索   ≫詳細検索
詳細情報
本草春秋 中医薬から見る中国の歴史と人
鄭驍鋒/ヒトミ言語技術情報サービス 訳
出版社:浙江出版集団東京
出版年:2019年04月
コード:   400p   ISBN/ISSN 9784909115157
 
価格 3,300円
  <東京店在庫有り>
東京店に在庫がございます。少部数のものもございますので、ご来店の場合は直接お問合せください。
 
カートに入れる
「薬を通して見つめた中国史の一場面」を紹介
中国国営テレビ局の文学・歴史ドキュメンタリーでも寄稿者を務める作家が、歴史上の人物と中医薬との関りを通して見た、中国史の一場面を紹介するエッセイ。伝説の神農、三国志の武将姜維、日本へ渡った鑑真、武則天に仕えた狄仁傑などが登場する。巻末に「老薬師」(1940年代後半ごろ就業)二名の口述記事も掲載。

目次:
■不死の薬――不老長寿の誘惑
■帰るべき場所――姜維の蜀入り
■服石時代――魏晋名士の危険な快楽
■草根天子――南朝の宿命
■悪霊退治――鍾馗、端午に舞う
■国老――名宰相・狄仁傑
■雲中の薬草採り――詩人の隠逸情緒
■不朽の大著――『本草綱目』の五百年
■薬名変更――文字獄背景の王朝之諱
■付録 永康薬行往時――老薬師の口述行
ほか
中国・本の情報館~東方書店 東方書店トップページへ
会社案内 - ご注文の方法 - ユーザ規約 - 個人情報について - 著作権について