中国・本の情報館~東方書店~
サイト内検索
カートを見る
ログイン ヘルプ お問い合わせ
トップページ 輸入書 国内書 輸入雑誌  
本を探す 検索   ≫詳細検索
詳細情報
臺灣史學史:從戰后到當代
王晴佳
出版社:上海古籍出版社
出版年:2017年07月
コード:429930   280p  23cm ISBN/ISSN 9787532584413
 
価格 5,054円
  在庫無し
現在、弊社に在庫がございません。海外からの取り寄せとなります。
 
カートに入れる
本书以过去五十年台湾的历史研究为主要研究对象,但其重点则在描述和分析历史意识的变化。作者所关心的范围,可以说是既广又狭。广的地方在于,本书不但叙述了历史研究在台湾的发展和变化,同时也涉及其它与史学相关的领域,特别是台湾文学界在构造台湾历史意识上所表现出的努力。

目录
序言 也是一番反省(许倬云)
自序
前言
上编 科学传统的建立
 一、“科学史学”之演变
 二、“史料学派”之兴起
 三、“史料学派”之影响
中编 科学史学的转折:1960年代中期至1987年
 一、《思与言》与史学革新
 二、《食货月刊》和史学方法论
 三、社会史的兴起与史学领域的扩大
 四、从地区史到台湾史
 五、“乡土文学”与认同意识
下编 “解严”之後的台湾史学:1987年至2000年
 一、史料的开发与台湾史的兴盛
 二、“台湾史研究的新精神”
 三、《新史学》与生活文化史
 四、历史教育与历史认同
 五、反省与展望:民族史学之“後”
补编 2000年以来台湾史学的变化趋势
 一、由公而私:从国家民族到社会生活
 二、观微见着:抑或“小的就史美的”
 三、解构与重构之间
 四、现状与展望
中国・本の情報館~東方書店 東方書店トップページへ
会社案内 - ご注文の方法 - ユーザ規約 - 個人情報について - 著作権について