中国・本の情報館~東方書店~
サイト内検索
カートを見る
ログイン ヘルプ お問い合わせ
トップページ 輸入書 国内書 輸入雑誌  
本を探す 検索   ≫詳細検索
詳細情報
上海圖書館善本題跋輯録附版本考(全2冊) 精装
陳先行 郭立暄 編著
出版社:上海辞书出版社
出版年:2017年12月
コード:435632   1042p   ISBN/ISSN 9787532650408
 
価格 17,496円
  在庫有
小社に在庫がございます。店頭在庫については別途お問合わせください。
在庫には、限りがございます。大量注文の場合、ご対応できない場合がございますので、あらかじめご承知おきください。
 
カートに入れる
籍题跋的盛行是在清代,这从现存古籍题跋大都是清人所为的表象中即可得出结论。而究其根本,是因为目录、版本、校勘之学真正成为专门、成为显学是在清代,而这又与清代汉学的兴盛有着密切关系。汉学家们整理古籍,由群经而至于子史集类,莫不以辨别真伪为要务,于是检目录、择版本、施校勘成为做学问的必要前提。每得一书,有所发明,便缀语题识其上,或叙版本异同,或辨字句讹误,或阐著书旨意,或述撰人仕履。而风气所及,又不局限于专门学问之家。洪北江谓藏书家类分五等,则撰写题跋者亦是如此。故于藏书之源流,刻印之精粗,流传之多寡,价值之贵贱,乃至与书籍相关的友朋交往,经济生活,在题跋中亦每有论述。可见古籍题跋内容之丰富多彩,其有助于后人治学实非浅尠。清代以降,辑刻题跋成为风气,然偏于私家者多,涉及公藏者少,在今天看来,其信息资源远不敷大规模研究整理古籍之需求。上海图书馆藏有古籍善本178000册,其中经题跋者多达1700余种,以未经发表者为多;即使已见于刻印者,也常有因刊刻时出现讹夺或业经作者增删而与原书所题存有差异,上海图书馆是国内第二大馆,编集出版该馆善本题跋将为学术界提供丰富的原始文献,为鉴定古籍版本与名家手迹、印鉴提供依据;为当前正在开展的古籍普查、收藏与保护工作贡献一重要工具。此次校注,在原有影印本基础上进行全面点校,为学者提供了方便,意义重大。
中国・本の情報館~東方書店 東方書店トップページへ
会社案内 - ご注文の方法 - ユーザ規約 - 個人情報について - 著作権について