中国・本の情報館~東方書店~
サイト内検索
カートを見る
ログイン ヘルプ お問い合わせ
トップページ 輸入書 国内書 輸入雑誌  
本を探す 検索   ≫詳細検索
詳細情報
《六朝選詩定論》對身體與時空之闡發 - 兼論吳淇之情辭觀 /文史哲學集成
鄭婷尹
出版社:文史哲出版社
出版年:2018年02月
コード:433772   404p  22cm ISBN/ISSN 9789863143703
 
価格 5,832円
  在庫僅少
弊社の在庫が2,3部以下のものです。店頭在庫については別途お問合わせください。
 
カートに入れる
吳淇,字伯其,別號冉渠,睢陽人,生於明萬曆四十三年(1615),卒於清康熙十四年( 1675),順治十五年( 1658)進士,與王士禎、林雲銘同榜及第。其祖「以文學名」1,父「博學工詞賦」,可見吳之文學造詣頗具家學淵源。吳頗為熱衷文學,除了因「宦況冷絕,幽憤無聊,一寓之於詩」,更常與「二三舊友結社賦詩」、「與文士校讎討論,夜則挑燈對讀,遇得意高叫長歌」,像這般於文學投人大量精力,能有一番成就似乎是可以理解的。更具體而細部來看,吳氏「深於道家言」,並對《易》有所專攻,另有《參同契正論》、《陰符經正論》、《道言雜錄》等著,對於「天文、曆法、律呂、音韻、易占、勾股、算術,及西洋奇器之學,無不精詣」,由此可見其關照事物的角度之廣泛與通博,反映在詩歌評注上,即是展現多元觸角;加以吳淇「為制舉藝,不拘尺幅,落落有奇氣」、「讀書既多,時出其新奇者資談柄」,《六朝選詩定論》中「新奇」的閱讀視角正可與此相應。要之,上述種種倶為吳展現特殊詩評眼光之重要背景。
中国・本の情報館~東方書店 東方書店トップページへ
会社案内 - ご注文の方法 - ユーザ規約 - 個人情報について - 著作権について