中国・本の情報館~東方書店~
サイト内検索
カートを見る
ログイン ヘルプ お問い合わせ
トップページ 輸入書 国内書 輸入雑誌  
本を探す 検索   ≫詳細検索
詳細情報
唐前『乐象』研究
刘鑫
出版社:社会科学文献出版社
出版年:2017年10月
コード:432917   178p  24cm ISBN/ISSN 9787520109451
 
価格 4,406円
  在庫有
小社に在庫がございます。店頭在庫については別途お問合わせください。
在庫には、限りがございます。大量注文の場合、ご対応できない場合がございますので、あらかじめご承知おきください。
 
カートに入れる
“乐象”在先秦是一种文化现象,它建立在周代广泛的礼乐实践之中,是“诗乐舞”合一的大型综合艺术形象。“乐象”作为儒家文化语境下的重要概念,在荀子《乐论》的“声乐之象”中初见端倪,而在《乐记》中作为独立的篇名出现。“乐象”既是抽象的,又是具象的,因为它借助乐诗、乐歌、乐舞来表达抽象的礼义与乐义,其政治、社会内涵与艺术形式的表达紧密结合。
中国・本の情報館~東方書店 東方書店トップページへ
会社案内 - ご注文の方法 - ユーザ規約 - 個人情報について - 著作権について