中国・本の情報館~東方書店~
サイト内検索
カートを見る
ログイン ヘルプ お問い合わせ
トップページ 輸入書 国内書 輸入雑誌  
本を探す 検索   ≫詳細検索
詳細情報
岑參詩箋注(全2冊) /中國古典文學基本叢書
〔唐〕岑参 撰 廖立 笺注
出版社:中华书局
出版年:2017年12月
コード:432276      ISBN/ISSN 9787101128918
 
価格 5,886円
  近刊
未刊、あるいは刊行(出版)されていても小社に未入荷のものです。
 
カートに入れる
岑参(约715—770),盛唐著名的边塞诗人,与高适齐名。岑参天宝三载(744)登进士第,天宝八载弃官从戎,首次出塞,赴龟兹,两年后返回长安,与高适、杜甫等结交唱和。天宝十三载再次出塞。永泰元年(765)任嘉州(今四川乐山)刺史,世称“岑嘉州”。
岑参诗多写边塞立功的慷慨豪情,其笔下的军旅生活、边塞风物、异域风情,无不神奇瑰丽,从而突破了传统征戍诗的寒苦萧瑟,拓宽了边塞诗的描写题材和内容范围。

廖立先生在《岑参评传》《岑参事迹著作考》两部专著的基础之上,撰著《岑参诗笺注》,以晚出之作,资诸家之长,对诗中所涉典章制度、古人服饰器物、草木走兽等,以文献所载与考古发掘相参证,作了严谨考订;对本事、年代、地理、背景、题旨等,作了揭示与阐发。尤其对岑诗涉及的五百余处地名,追寻岑参足迹,作了实地考察,不为空言。
本书以明正德十五年济南刊七卷本《岑嘉州诗》为底本,参校宋本、影宋本、明代诸本,以及《文苑英华》《唐诗纪》等,书末附录岑参存世不多的数篇文章,考订竄入诗和误署诗,又汇集历代评论附于每诗之后,总评则附在书后。并撰有《岑参年谱》殿末。
中国・本の情報館~東方書店 東方書店トップページへ
会社案内 - ご注文の方法 - ユーザ規約 - 個人情報について - 著作権について