中国・本の情報館~東方書店~
サイト内検索
カートを見る
ログイン ヘルプ お問い合わせ
トップページ 輸入書 国内書 輸入雑誌  
本を探す 検索   ≫詳細検索
詳細情報
19世纪-20世纪中叶中国罂粟种植史研究 /岭南博士文库
张巨保
出版社:广东人民出版社
出版年:2017年05月
コード:428960   553p  23cm ISBN/ISSN 9787218115528
 
価格 4,860円
  在庫僅少
小社の在庫が2,3部以下のものです。店頭在庫については別途お問合わせください。
 
カートに入れる
本書は、《嶺南博士文庫》の一つ。「罌粟栽培利用及其種植溯源」「清代罌粟種植-種植区域的蔓延」「民国時期罌粟種植概況-軍閥煙政乱象与国民政府禁煙」「区域種植大省案例研究」の4章に分け、19世紀から20世紀中葉までの中国罌粟栽培の歴史を詳述し、雲南、四川、貴州三省を案例として罌粟栽培が中国社会の各方面にもたらした影響を論説。

目录:
导论
 第一章 罂粟栽培利用及其种植溯源
 第一节 罂粟的物质特性与用途
 第二节 罂粟种植发展简史
 第三节 罂粟名实及规模种植时间考
 第四节 罂粟的栽培管理与制作加工
 第五节 鸦片吸食
 本章小结
第二章 清代罂粟种植——种植区域的蔓延
 第一节 清代罂粟种植发展历程
 第二节 广泛的种植区域分布——以1906年为例
 第三节 自产鸦片在各通商口岸替代进口
 第四节 迅速扩大的吸食人口——清末吸食鸦片人口考察
 本章小结
第三章 民国时期罂粟种植概况——军阀烟政乱象与国民政府禁烟
 第一节 种植发展历程
 第二节 敌占区罂粟种植的推行与蔓延
 第三节 吸食概况与吸食群体分析
 本章小结
第四章 区域种植大省案例研究
 第一节 云南省
 第二节 四川省
 第三节 贵州省
 第四节 罂粟种植对西南地区的影响
 本章小结
结语
后记
参考文献
附录
中国・本の情報館~東方書店 東方書店トップページへ
会社案内 - ご注文の方法 - ユーザ規約 - 個人情報について - 著作権について