中国・本の情報館~東方書店~
サイト内検索
カートを見る
ログイン ヘルプ お問い合わせ
トップページ 輸入書 国内書 輸入雑誌  
本を探す 検索   ≫詳細検索
詳細情報
大清现行刑律讲义 /陕派律学文献丛书
吉同钧 纂辑 闫晓君 整理
出版社:知识产权出版社
出版年:2017年04月
コード:428821   457p  24cm ISBN/ISSN 9787513047265
 
価格 5,054円
  在庫無し
現在、小社に在庫がございません。海外からの取り寄せとなります。
 
カートに入れる
20世紀初頭、吏、戸、礼、兵、刑、工の六部に分類する旧法の「大清律例」から近代法への変革、脱皮の機運が高まり、過渡期の1910年5月15日に頒布された暫定法「大清現行刑律」を経て、総則と分則で構成する近代西洋法典の体例及び西洋刑法の制度と原則を取り入れた中国最初の法典「大清新刑律」も1911年1月25日に頒布された。その過程の中で、法政関連の知識を学ぶ学堂(法部律学館、京師法律学堂、大理院講習所など)も盛んに開設され、刑部主事などを務めた清末の法学者吉同鈞(1854-1936)の授業はこれらの学堂で大変な好評を博した名講義である。本書は、《陝派律学文献叢書》の一つ。吉氏が「大清現行刑律」を論説した八巻講義録《大清現行刑律講義》の整理本。清宣統二年法部律学館石印本を底本に標点、整理する。
中国・本の情報館~東方書店 東方書店トップページへ
会社案内 - ご注文の方法 - ユーザ規約 - 個人情報について - 著作権について