中国・本の情報館~東方書店~
サイト内検索
カートを見る
ログイン ヘルプ お問い合わせ
トップページ 輸入書 国内書 輸入雑誌  
本を探す 検索   ≫詳細検索
詳細情報
卢业发、吴淑茂、黄家礼《更路簿》研究 /更路簿研究
夏代云
出版社:海洋出版社
出版年:2016年10月
コード:423580   394p  24cm ISBN/ISSN 9787502795986
 
価格 5,702円
  在庫有
小社に在庫がございます。店頭在庫については別途お問合わせください。
在庫には、限りがございます。大量注文の場合、ご対応できない場合がございますので、あらかじめご承知おきください。
 
カートに入れる
在古老的帆船时代,海南渔民驾驶帆船在南海航海捕捞,在南海岛礁生产作业,海南渔民用海南话给南海岛礁命名,用中国传统的航海术语对自己的航路口传笔载,从而创造了在南海航海作业与贸易的航海指南——《更路簿》。《更路簿》是古代海南渔民集体创作的南海航海指南,在海南民间存在多种版本,其内涵十分丰富,具有地方性知识特点。本书选取3种具有代表性的《更路簿》进行全文解读:卢业发祖传《更路簿》(下文简称“卢簿”)、黄家礼祖传《驶船更流簿》(下文简称“黄簿”)和吴淑茂祖传《更路簿》(下文简称“吴簿”)。其中“吴簿”为笔者在调查中首次发现,未见刊登于已经出版的著作,其南洋更路丰富而准确。这3种更路簿均由毛笔小楷竖行抄写,为我国古代的行文格式。三位老船长均系渔民世家,祖祖辈辈、年复一年在南海诸岛航海作业,持续经营、建设南海岛礁。“更路簿”不仅是航海指南,更是南海海洋文化的文化符号。海南渔民口述的航海史,家藏的古代航海工具(如《更路簿》、罗盘,后来有了航海图),捕鱼生产工具(渔网、铁叉、铁钩、潜水镜、鱼篓、网兜等),海上生活用品(如刀具、斧头、坛子、簸箕、风灯、毯子、斗笠、蓑衣、木屐、火石等等),海神信仰的建筑(如108兄弟公庙和妈祖庙等)等等,都是与《更路簿》伴存的实物资料,能或多或少地还原海南渔民更路簿文化面貌,也是研“更路簿文化”不可或缺的佐证材料。本书为专家学者和相关人员提供一些借鉴。
中国・本の情報館~東方書店 東方書店トップページへ
会社案内 - ご注文の方法 - ユーザ規約 - 個人情報について - 著作権について