中国・本の情報館~東方書店~
サイト内検索
カートを見る
ログイン ヘルプ お問い合わせ
トップページ 輸入書 国内書 輸入雑誌  
本を探す 検索   ≫詳細検索
詳細情報
謎解き「三国志演義」 消えた羅貫中
平山浩二郎
出版社:幻冬舎メディアコンサルティング/幻冬舎発売
出版年:2018年06月
コード:   246p   ISBN/ISSN 9784344917552
 
価格 1,540円
  <東京店在庫有り>
東京店に在庫がございます。少部数のものもございますので、ご来店の場合は直接お問合せください。
 
カートに入れる
関羽、劉備、曹操、諸葛亮…。
桃園決義、三顧の礼、赤壁の戦い…。
名だたる英雄たちと数々の名場面が登場し、日本人に馴染の深い「三国志演義」。
しかし、その作者、羅貫中は執筆後に忽然と姿を消した。
羅貫中が「三国志演義」の基にしたという「全相三国志平話」、そして元末期という時代背景を探っていく先に、その驚きの答えが明らかになる――。
そこから見えてくる英雄たちの本当の顔とは一体…?
「羅貫中は、諸葛亮の背後に劉備が控えていることを暗示する意味深な夢を関羽に見させた。これは単に信頼関係が崩れているどころの話ではない。紛れもなく読者に向けたダイイングメッセージだ―」(本文より)
三国志の常識を覆す、衝撃の1冊。

目次:
1 羅貫中
2 劉備
3 曹操
4 諸葛亮
5 孫権
6 赤壁
7 入蜀
8 関羽
9 東征
10 犠牲
11 怨霊
12 絶妙好辞
13 尾声
参考文献
中国・本の情報館~東方書店 東方書店トップページへ
会社案内 - ご注文の方法 - ユーザ規約 - 個人情報について - 著作権について