中国・本の情報館~東方書店~
サイト内検索
カートを見る
ログイン ヘルプ お問い合わせ
トップページ 輸入書 国内書 輸入雑誌  
本を探す 検索 ≫詳細検索


過去のフェア
仏教関係中国図書目録2016
中国書画関連書籍
中国武術関連書籍フェア
始皇帝と兵馬俑関連図書フェア
中華再造善本フェア
愛如生:拇指数拠庫・新ラインアップ
『東方』購読のおすすめ
東方書店公式Instagram
東方書店公式Instagram
東方書店公式Twitter
東方書店公式Twitter
神保町店舗のTwitter
神保町店舗のTwitter
神保町店舗のfacebook
神保町店舗のfacebook
Knowledge Worker
個人向け電子書籍販売
BOOK TOWN じんぼう
神保町の書店在庫を横断検索
日本ビジネス中国語学会
 WEB『東方』 東京便り | 微観中国 | 中国映画のコラム | 微信伝心 | 上海便り | 今月の『東方』  
     

「微信伝心」 第22回 内裤的洞(パンツの穴) のことなど

 

   

第22回 内裤的洞(パンツの穴) のことなど

 

 日本語で幼なじみのことを「竹馬の友」といいますが、中国には“ 开裆裤朋友(股割れズボンの友)” という言い方があります。“ 青梅竹马” という言葉もありますが、これは主に男女の間で使うのでちょっとニュアンスが違います。
 “ 开裆裤(股割れズボン)” を初めて目にする外国人はちょっと驚くかもしれませんね。日本にもおむつの取り替えに便利な赤ちゃん用の股割れズボンがありますが、割れた部分はスナップ等で留めるようになっています。“ 开裆裤” は割れた部分はそのままなので、赤ちゃんのおしりが丸見えなのです。
 現在、特に都市部では衛生面を考慮して、ほとんど“ 开裆裤” は見られなくなりました。穿いていたとしても、中に紙おむつをしていることが多く、おしり丸見えは少なくなりました。使い捨て紙おむつの普及率は25%とも言われています。特に、日本製の紙おむつが人気だそうで、“ 双十一(11/11、独身の日のバーゲンセール)” では相当の売れ筋だったようです。空港でも、帰国するチェックインの行列に紙おむつの包みを持った中国人の姿が多く見られるようになりました。ただし値段は高いです。あるメーカーの紙おむつは、日本国内では1 枚当たり約20 円で販売されていますが、中国では約2.3 元(約36 円)売られているそうです。

 

 
>>>つづきを読む

 

 

次のエントリ: 映画公開情報 「僕たちの家(うち)に帰ろう」 リー・ルイジュン監督作品 ホーム 前のエントリ DVD発売中! 名匠ジャ・ジャンクー最新作 『山河ノスタルジア』 特設ページ

中国・本の情報館~東方書店 東方書店トップページへ
会社案内 - ご注文の方法 - ユーザ規約 - 個人情報について - 著作権について