中国・本の情報館~東方書店~
サイト内検索
カートを見る
ログイン ヘルプ お問い合わせ
トップページ 輸入書 国内書 輸入雑誌  
本を探す 検索 ≫詳細検索


過去のフェア
春の中国語テキストフェア
中国書画関連書籍
仏教関係中国図書目録2016
始皇帝と兵馬俑関連図書フェア
中華再造善本フェア
『東方』購読のおすすめ
東方書店公式Instagram
東方書店公式Instagram
東方書店公式Twitter
東方書店公式Twitter
神保町店舗のTwitter
神保町店舗のTwitter
神保町店舗のfacebook
神保町店舗のfacebook
Knowledge Worker
個人向け電子書籍販売
BOOK TOWN じんぼう
神保町の書店在庫を横断検索
日本ビジネス中国語学会
 WEB『東方』 東京便り | 微観中国 | 中国映画のコラム | 微信伝心 | 上海便り | 今月の『東方』  
     

東京便り '18/04 第49回 【中国人の読書調査】中国人の読書量4.66冊でほぼ横ばい スマホ時間延びて“紙の本離れ”進むか

北京図書大廈の読書コーナーユネスコが制定した読書・出版・著作権(知的財産権)保護の促進に関する国際デー「世界図書・著作権デー」(世界読書デー、4月23日)に合わせて、今年も中国人の読書傾向を探る「全国国民閲読調査」レポートがこのほど、同国内で発表された。

2017年における中国人の読書調査の結果で、それによると成人1人あたりの読書量は、紙の本(紙書籍)が4.66冊で、前年比0.01冊増とほぼ横ばいだった。
一方、デジタルメディアの閲覧時間は、携帯・スマホが1日1人あたり80.43分で、前年比6.03分の増加。中国の人気SNS「微信」(WeChat)の閲覧時間は、1日1人あたり27.02分で、前年比1.02分の増加。

いずれも紙書籍の読書時間(20.38分、前年比微増)を大きく上回る長さとなり、総体的に中国人の“紙の本離れ”が進んでいることをうかがわせる結果となった――。
 
 

>>>続きを読む

ホーム 前のエントリ 中国映画のコラム(12) ハリウッドを超えられるか? 中国映画の潮流 (河崎みゆき)

中国・本の情報館~東方書店 東方書店トップページへ
会社案内 - ご注文の方法 - ユーザ規約 - 個人情報について - 著作権について