中国・本の情報館~東方書店~
サイト内検索
カートを見る
ログイン ヘルプ お問い合わせ
トップページ 輸入書 国内書 輸入雑誌  
本を探す 検索   ≫詳細検索
詳細情報
北朝社会における南朝文化の受容 外交使節と亡命者の影響 【最新刊】 上製
堀内淳一
出版社:東方書店
出版年:2018年03月
コード:00846   304p   ISBN/ISSN 9784497218094
 
価格 4,860円
  <在庫有り>
小社出版物で在庫がございます。
 
カートに入れる
中国の南北朝時代における政治的・文化的分裂が、その後どのように統合されるかを、当時の政治・文化の担い手であった貴族層の南北朝間交流――公的な「外交使節」と私的な「亡命」――に注目し論じる。

目次:
序  章 南北朝交流史の問題と展開
 一 問題意識と課題の設定
 二 北朝と南朝の間の交流に関する研究史
 三 本書の構成

第一章 南北朝間の使節よりみた「文化」の多様性
 はじめに
 一 使者の選定とその背景
 二 使節による文化交流の具体的事例
 三 使者の体現する「文化」の範囲
 四 北朝における使者の資質
 おわりに

第二章 南北朝間の外交使節と経済交流――馬と柑橘――
 はじめに
 一 遣使と来聘
 二 使節の私的な交流
 三 軍事力と正統性の交換
 おわりに

第三章 北朝の使者の帰国後
 はじめに
 一 北魏の南朝遣使と制度改革
 二 魏斉革命と南朝への使者
 三 隋の対陳使者と陳の平定
 おわりに

第四章 府佐属僚からみた北魏の亡命氏族
 はじめに
 一 劉昶・王肅の府佐の構成
 二 亡命者の子孫の府主について
 三 北魏貴族社会と亡命者
 おわりに

第五章 司馬氏の帰郷
 はじめに
 一 司馬氏の北帰について
 二 北魏前期における司馬氏
 三 司馬氏を騙るものたち
 四 華北名族としての司馬氏
 おわりに

第六章 北魏宗室の亡命と帰還
 はじめに
 一 北魏宗室の亡命の理由と経緯
 二 梁における北魏宗室の待遇と帰国
 三 北魏宗室以外の貴族の亡命と帰還
 おわりに

補  論 『陳書』の編纂過程と隋陳関係記事
 はじめに
 一 『陳書』における隋陳外交記事の欠落
 二 『陳書』の成書と流伝
 三 『陳書』阮卓伝にみる隋陳関係
 おわりに

終  章 北朝貴族の目に映る南朝――「島夷」から「万国安和」へ

後記
参考文献
■編著者紹介
1977年生まれ。東京大学大学院人文社会系研究科博士課程修了。博士(文学)。皇學館大学文学部国史学科准教授。専門分野は、魏晋南北朝史、東アジア古代外交史など。主な著書に、「魯国か虜国か」(鈴木靖民・金子修一編『梁職貢図と東部ユーラシア世界』収録、勉誠出版)、「それぞれの正義」(窪添慶文編『魏晋南北朝史のいま』収録、勉誠出版)など。
中国・本の情報館~東方書店 東方書店トップページへ
会社案内 - ご注文の方法 - ユーザ規約 - 個人情報について - 著作権について