中国・本の情報館~東方書店~
サイト内検索
カートを見る
ログイン ヘルプ お問い合わせ
トップページ 輸入書 国内書 輸入雑誌  
本を探す 検索   ≫詳細検索
詳細情報
国際未来社会を中国から考える
遊佐昇,河村昌子,佐藤賢 編著
出版社:東方書店
出版年:2018年01月
コード:00840   192p   ISBN/ISSN 9784497218032
 
価格 1,944円
  <在庫有り>
弊社出版物で在庫がございます。
 
カートに入れる
国際社会の未来を考えるために“中国”を知る――
哲学・文学・文化論・語学・経済学……さまざまな研究テーマから、中国のいまとこれから、そして日本のなかの中国が見えてくる。

構成
まえがき

第1章 現在から未来に向けて
芥川賞作家楊逸の文学――日本語を母語としない中国人作家の日本語創作(河村昌子)
中国人観光客の「爆買い」現象――経済統計による分析(髙田 誠)
中国を「見る」ために――ドキュメンタリー映画『見つめる』が示唆するもの( 佐藤 賢)

第2章 過去の継承から未来へ
中国の一帯一路戦略(桑田良望)
敦煌における祈りの継承――敦煌学の最新動向を踏まえて(遊佐 昇)
漢字の書法の歴史(劉 勲寧)
音楽にとって国境とはなにか――古琴という楽器をめぐって(石井 理)

第3章 現在を深く知る
中国背景をもつ子どもたちの現状と将来(小川 唯)
歴史の悲劇を越えて――中国人作家巴金が見たヒロシマ(河村昌子)
中国語会議通訳者として生きて(神崎龍志)

第4章 つながる過去と未来
時を超える老子と『老子』(遊佐 昇)

あとがき
中国・本の情報館~東方書店 東方書店トップページへ
会社案内 - ご注文の方法 - ユーザ規約 - 個人情報について - 著作権について