中国・本の情報館~東方書店~
サイト内検索
カートを見る
ログイン ヘルプ お問い合わせ
トップページ 輸入書 国内書 輸入雑誌  
本を探す 検索   ≫詳細検索
詳細情報
午亭文編 /國家清史編纂委員會·文獻叢刊 精装
〔清〕陳廷敬 著 王道成 點校
出版社:人民出版社
出版年:2017年12月
コード:436082   749p  26cm ISBN/ISSN 9787010187143
 
価格 11,761円
  在庫無し
現在、弊社に在庫がございません。海外からの取り寄せとなります。
 
カートに入れる
《午亭文编》五十卷系康熙朝文渊阁大学士陈廷敬撰。廷敬尝著《尊闻堂集》八十卷,晚年手定此编。陈氏居山西阳城,有午亭山村,因之名集曰《午亭文编》。《午亭文编》由其门人林佶缮写付雕。廷敬自序云:“余隤然将老矣。”陈廷敬卒于康熙五十一年,故本集之成书年代当在康熙四十年后。陈廷敬于顺治十三年成进士,为官五十年。在康熙朝历任各部尚书,累官至文渊阁大学士,“出入禁闼凡四十年”,一生未外任。《午亭文编》为诗文合集,其中诗二十卷,杂著四卷,经解四卷,奏疏等各体文二十卷,杜律诗论二卷。陈廷敬为政,多有灼见独到之处,见于集中奏疏,其诗作受到康熙称许,王士祯甚奇其诗。其所作古文,汪琬“甚重之。”《四库全书?总目》云:“其诗文各自成家”。“当时咸以大手笔推之。”《午亭文编》对研究康熙朝的政治、文化均有重要价值。清史纂修工程有陈廷敬传。通纪述康熙朝,也是不可或缺之历史人物。
中国・本の情報館~東方書店 東方書店トップページへ
会社案内 - ご注文の方法 - ユーザ規約 - 個人情報について - 著作権について