中国・本の情報館~東方書店~
サイト内検索
カートを見る
ログイン ヘルプ お問い合わせ
トップページ 輸入書 国内書 輸入雑誌  
本を探す 検索   ≫詳細検索
詳細情報
元明清北京官方经学的传承、诠释与文化认同
姜海军
出版社:北京师范大学出版社
出版年:2018年03月
コード:435984   425p  21cm ISBN/ISSN 9787303219957
 
価格 3,877円
  在庫無し
現在、弊社に在庫がございません。海外からの取り寄せとなります。
 
カートに入れる
元明清三朝,中央对思想文化的重视与强化主要体现为对文化的核心-儒学的传承与推广。他们除了始终将儒学作为官方之学,积极借助政治力量将统治意志融入对儒家经典的编纂、诠释之中,更是将这些编纂、诠释的思想与方法以科举考试、文化传播、官员升迁等诸多形式推行到各地,从而促使臣民及周边民族基于对官方经学、儒学的文化认同而形成对政权合法性、合理性的政治认同,从而实现了基于文化大一统的国家大一统。在这样的过程中,北京首都不仅在各个朝代的意识形态建构、文化推广方面扮演着主导与核心角色,而且在各朝思想文化尤其是儒家经典编纂、诠释与思想建构方面都有主导与象征意义。
中国・本の情報館~東方書店 東方書店トップページへ
会社案内 - ご注文の方法 - ユーザ規約 - 個人情報について - 著作権について