中国・本の情報館~東方書店~
サイト内検索
カートを見る
ログイン ヘルプ お問い合わせ
トップページ 輸入書 国内書 輸入雑誌  
本を探す 検索   ≫詳細検索
詳細情報
交通系与清末民初经济变迁
杨涛
出版社:中国社会科学出版社
出版年:2017年12月
コード:435247   576p  24cm ISBN/ISSN 9787520306034
 
価格 7,603円
  在庫無し
現在、弊社に在庫がございません。海外からの取り寄せとなります。
 
カートに入れる
清末交通系以新型知识分子、专业技术官僚与精英的身份登上历史舞台。他们积极赞襄北洋与东北新政,倾向共和,为南北统一、推翻帝制立下不朽功劳。交通系在清末致力于创办交通银行,收回路权,并通过统一行政、财会、营运制度以革新铁路,对铁路建设作用突出。民初交通系领袖活跃在金融、财政税收、垦务、矿业、地质调查、农业改良、林业发展等方面的贡献,是应予以特别肯定的。交通系经济活动与政策具有财政本位、经济民族主义、国家资本主义、早期现代化倾向、精英政治特征。许多政策有承上启下作用,是早期现代化的核心政策,具有体制、模式特征。但是交通系将其经济、政治利益诉求与袁世凯的集权统治结合于一,良莠杂糅,新旧杂糅,决定了这一集团的最终命运和历史评价。
中国・本の情報館~東方書店 東方書店トップページへ
会社案内 - ご注文の方法 - ユーザ規約 - 個人情報について - 著作権について