中国・本の情報館~東方書店~
サイト内検索
カートを見る
ログイン ヘルプ お問い合わせ
トップページ 輸入書 国内書 輸入雑誌  
本を探す 検索   ≫詳細検索
詳細情報
簡明文化大革命史 /文革史料講堂
冉隆勃
出版社:蘭臺出版社
出版年:2018年01月
コード:433784   255p  22cm ISBN/ISSN 9789865633646
 
価格 3,402円
  在庫有
小社に在庫がございます。店頭在庫については別途お問合わせください。
在庫には、限りがございます。大量注文の場合、ご対応できない場合がございますので、あらかじめご承知おきください。
 
カートに入れる
1966至1976年「無產階級文化大革命運動」的進程,看似任意而為、雜亂無章,實則是一個連貫的整體。其組成部分的每一個「戰鬥」、每一次「戰役」,首尾相接、富有邏輯。將此內在聯繫交待得一清二楚,是這個研究專案的一大貢獻。
書中所及:造反派、二月逆流、反英抗暴、抓五一六、林彪事件……乃至後期批林批孔等等,都有生動的描寫、精闢的論述。
大致說來,歷史研究可以約略地分作兩大門類。一曰董理史實;一曰梳理進程。雖然「十年」中,決策層運作文革的許多內幕尚未披露;各級、各地和個人的遭遇也人言人殊。好在,那個歷史過程已經走完,留下了不容置疑的結果。細節上的缺失和出入無害宏旨。已知的材料用於從大的脈絡上描述那個時期,基本夠用。
作為那個非常年代的受害者,作者能夠冷靜、客觀地敘述文革,沒有寫成「大批判」者亦不多見。且其持論公允的評說、清晰曉暢的行文,更適於不曾親身經歷、難以想像那場「浩劫」之殘暴、荒唐的年輕人、局外者概括地瞭解那段歷史。本書非但沒有傳播仇恨,或令讀者也能對於史實具有陳寅恪先生所要的「瞭解之同情」。
中国・本の情報館~東方書店 東方書店トップページへ
会社案内 - ご注文の方法 - ユーザ規約 - 個人情報について - 著作権について