中国・本の情報館~東方書店~
サイト内検索
カートを見る
ログイン ヘルプ お問い合わせ
トップページ 輸入書 国内書 輸入雑誌  
本を探す 検索   ≫詳細検索
詳細情報
震慑·抑制·净化 - 中国反腐新常态研究
袁峰
出版社:学林出版社
出版年:2017年08月
コード:430869   217p  23cm ISBN/ISSN 9787548612889
 
価格 3,758円
  在庫無し
現在、弊社に在庫がございません。海外からの取り寄せとなります。
 
カートに入れる
反对腐败、建设廉洁政治,是中国共产党始终不渝的鲜明政治立场。党的十八大以来,习近平总书记强调党要管党、从严治党,中国共产党形成了一系列反腐倡廉的理念、思路、举措,这些理念、思路及举措围绕着实现“不敢腐、不能腐、不想腐”的治理目标,通过惩戒减少腐败存量产生震慑效应从而不敢腐;通过预防遏制腐败增量产生抑制效应从而不能腐;通过重构修复政治生态产生净化效应从而不想腐。惩戒震慑、预防抑制、重构净化已经构成了当前中国的反腐新常态,对于营造不敢腐、不能腐、不想腐的政治氛围取得了有目共睹的重大成效。本书关注中国反腐倡廉建设格局正在发生的根本性变化,分析新常态、评估新效果、展望新气象,探索总结腐败治理的中国方案
中国・本の情報館~東方書店 東方書店トップページへ
会社案内 - ご注文の方法 - ユーザ規約 - 個人情報について - 著作権について