中国・本の情報館~東方書店~
サイト内検索
カートを見る
ログイン ヘルプ お問い合わせ
トップページ 輸入書 国内書 輸入雑誌  
本を探す 検索   ≫詳細検索
詳細情報
北洋政壇見聞錄
薛觀瀾 原著 蔡登山 主編
出版社:秀威資訊科技股份有限公司
出版年:2017年08月
コード:429534   376p   ISBN/ISSN 9789869486460
 
価格 4,374円
  近刊
未刊、あるいは刊行(出版)されていても小社に未入荷のものです。
 
カートに入れる
今論袁世凱,其協造民國是大功,建立新軍是小功,帝制自為是大過,重武輕文是小過。甲午以前若無袁世凱,則朝鮮之入日本版圖,其勢必提早十年。庚子拳亂,若無袁世凱,則北方全部瀕於總崩潰,中國更無可用之兵。辛亥起義,亳無準備,當時若無袁世凱,則雙方火拼到底,不知鹿死誰手。」──薛觀瀾
在袁世凱的女婿眼中,袁世凱、段祺瑞、黎元洪、孫傳芳、張作霖、徐樹錚與馮玉祥等出身北洋軍的英傑人物們如何在民初政壇上呼風喚雨?
薛觀瀾(1897-1964),貴為袁世凱女婿的他,與北洋政府關係良好,對北洋政壇上各方豪傑皆有第一手的接觸經驗,本書正是根據他留傳的文章所集結而成的史料集。本書收錄北洋政壇領袖們的佚事傳奇,包括剖析袁世凱、段祺瑞、黎元洪等人之間的競合關係,馮玉祥主使謀害皖系大將徐樹錚的經過,兼論馮國璋、張作霖、楊宇霆、乃至溥儀由遜位到復辟那幾年的種種內幕詳情,替讀者帶來僅有第一手參與北洋政局的人物才會熟稔的歷史事蹟。
中国・本の情報館~東方書店 東方書店トップページへ
会社案内 - ご注文の方法 - ユーザ規約 - 個人情報について - 著作権について