中国・本の情報館~東方書店~
サイト内検索
カートを見る
ログイン ヘルプ お問い合わせ
トップページ 輸入書 国内書 輸入雑誌  
本を探す 検索   ≫詳細検索
詳細情報
气本与理本:张载与程颐易学本体论的建构及其问题 /当代浙江学术文库
王绪琴
出版社:中国社会科学出版社
出版年:2017年05月
コード:429452   269p  24cm ISBN/ISSN 9787516196380
 
価格 4,406円
  在庫無し
現在、小社に在庫がございません。海外からの取り寄せとなります。
 
カートに入れる
本书以北宋易学为研究对象,而在北宋众多的易学家中,张载与程颐的贡献尤为显著,他们尝试继承孔子治易的精神,通过各自的易学诠释分别提出了气本论和理本论的解释模式,建构起了新儒家的本体论,成为理学的开创者和奠基者,为后世儒学本体论的开展创设了两种发展方向。张载与程颐的易学哲学成功地应对了佛老在本体论上的挑战,完成了儒学“因经明道”和“明体达用”的历史使命,引领和开创了儒学发展的新时代,使得宋初易学和理学的开展形成了二源并流的局面。
但是,以张载和程颐为代表的宋代易学也有其问题,在“因经明道”发挥经典以对抗佛老之后,宋儒的易学理论又究竟在多大程度上传承了孔子易学的义理精神,他们训解的性与天道之学究竟是不是孔子之学的初衷,还是需要探讨的问题。
中国・本の情報館~東方書店 東方書店トップページへ
会社案内 - ご注文の方法 - ユーザ規約 - 個人情報について - 著作権について