中国・本の情報館~東方書店~
サイト内検索
カートを見る
ログイン ヘルプ お問い合わせ
トップページ 輸入書 国内書 輸入雑誌  
本を探す 検索   ≫詳細検索
詳細情報
隋唐五代量词研究
李建平
出版社:山东人民出版社
出版年:2016年12月
コード:426445   276p   ISBN/ISSN 9787209102896
 
価格 2,948円
  在庫無し
現在、小社に在庫がございません。海外からの取り寄せとなります。
 
カートに入れる
量词丰富、用法灵活是汉语乃至汉藏语系诸多量词语言语法的重要特点,因此长期以来量词研究一直是汉语史研究的重点之一。汉语量词产生于先秦,初步发展于两汉,魏晋六朝时期汉语量词系统进一步发展,到隋唐五代时期量词系统趋于成熟。由李建平著的《隋唐五代量词研究》即在前人和时贤研究的基础上,以传世文献《全隋文》《全隋诗》《全唐文》《全唐诗》、隋唐五代笔记小说和出土文献吐鲁番出土文书、敦煌社会经济文书、隋唐五代碑刻文献作为主要研究资料,贯彻二重证据法,对隋唐五代时期的量词系统展开全面系统研究,并进一步探讨隋唐五代时期量词的特征、量词的语法化程度及其历史词汇学价值。
中国・本の情報館~東方書店 東方書店トップページへ
会社案内 - ご注文の方法 - ユーザ規約 - 個人情報について - 著作権について