中国・本の情報館~東方書店~
サイト内検索
カートを見る
ログイン ヘルプ お問い合わせ
トップページ 輸入書 国内書 輸入雑誌  
本を探す 検索   ≫詳細検索
詳細情報
“鬼子”来了:现代中国之惑 /杨奎松作品 精装
杨奎松
出版社:广西师范大学出版社
出版年:2016年07月
コード:423883   226p  21cm ISBN/ISSN 9787549576920
 
価格 3,628円
  在庫僅少
小社の在庫が2,3部以下のものです。店頭在庫については別途お問合わせください。
 
カートに入れる
中国共産党史を専門とする歴史学者で、また、雑誌『党史研究』の編集経験もある著者による、近代中国に関するエッセー集。
中国にとって、近二百年の間に起こった出来事の中で、「鬼子来了」以上の厳しい現実はない。ここでいう「鬼子」とは、国土の約半分を侵略、占領した「日本鬼子」ばかりを指すのではなく、より広い意味で、近代的工業文明を強要するのに終始した「西洋鬼子」をも含む。「鬼子来了」の圧力により、結局、中国はいかなる「近代化」をめざしたのだろうか。本書の著者は、未来社会を生き抜くために、近代中国における社会的曲折や発展過程を理解することは非常に大切であるとしている。

目录:
引言
不知有国?
种族平等?
此“启蒙”非彼启蒙
恢复中华?
以日为师
飘不久的黄龙旗
与外国委蛇
“你一国我一国”
爱人还是爱国?
爱乡还是爱国?
“国民国家”的流失
“恶国家甚于无国家”
四海同胞主义
工人无祖国?
华人与狗不得入内?
立国的资格
祁老太爷的无奈
抗战建国
师傅领进门
这个世界谁“化”谁?
我们是谁?
幸福终点站?
后记
■編著者紹介
杨奎松,历任中共中央党校《党史研究》编辑部编辑、中国人民大学中共党史系讲师、中国社会科学院近代史研究所研究员、北京大学历史系教授、华东师范大学特聘教授。主要研究领域为中国现代史,著有《“中间地带”的革命》、《国民党的“联共”与“反共”》、《忍不住的“关怀”》、《西安事变新探》、《毛泽东与莫斯科的恩恩怨怨》等专著十余种,并在China Quarterly、Diplomatic History、Cold War History,中国大陆、中国台湾及日本等地学术杂志上,发表研究论文二百余篇。
中国・本の情報館~東方書店 東方書店トップページへ
会社案内 - ご注文の方法 - ユーザ規約 - 個人情報について - 著作権について