中国・本の情報館~東方書店~
サイト内検索
カートを見る
ログイン ヘルプ お問い合わせ
トップページ 輸入書 国内書 輸入雑誌  
本を探す 検索   ≫詳細検索
詳細情報
清初满蒙关系演变研究 /博雅史学论丛・中国史
哈斯巴根
出版社:北京大学出版社
出版年:2016年09月
コード:423385   237p  23cm ISBN/ISSN 9787301276181
 
価格 3,024円
  在庫僅少
小社の在庫が2,3部以下のものです。店頭在庫については別途お問合わせください。
 
カートに入れる
在16世纪末17世纪初后金(清)的崛起过程中,对于蒙古元朝遗产的继承是满洲政权得以发展、壮大的关键因素之一。《清初满蒙关系演变研究》以满洲对于蒙古制度、符号等无形资源的学习、利用为切入点,以清初(太祖、太宗、世祖时期)满蒙关系中的官号、名号借鉴,盟誓和质子制度及理藩院活动,会盟制,封爵等政策、措施为考察中心,从满洲的角度出发,梳理早期满蒙关系的演变。希望以此探索漠南蒙古的臣服对于满洲政权的巩固升级、稳固军事同盟的建立、清代版图的形成和国家长期稳定诸方面的意义。
中国・本の情報館~東方書店 東方書店トップページへ
会社案内 - ご注文の方法 - ユーザ規約 - 個人情報について - 著作権について