中国・本の情報館~東方書店~
サイト内検索
カートを見る
ログイン ヘルプ お問い合わせ
トップページ 輸入書 国内書 輸入雑誌  
本を探す 検索   ≫詳細検索
詳細情報
乐史《太平寰宇记》的文献学价值与地位研究 - 以引书考索为中心
张保见
出版社:四川大学出版社
出版年:2016年09月
コード:422987   478p  21cm ISBN/ISSN 9787561498552
 
価格 3,758円
  在庫無し
現在、小社に在庫がございません。海外からの取り寄せとなります。
 
カートに入れる
张保见著的《乐史<太平寰宇记>的文献学价值与地位研究:以引书考索为中心》从文献学的角度对《乐史<太平寰宇记>的文献学价值与地位研究:以引书考索为中心》进行了全面系统的研究,对《乐史<太平寰宇记>的文献学价值与地位研究:以引书考索为中心》在中国地理文献方面的地位做了较全面的分析。宋人乐史所著的《乐史<太平寰宇记>的文献学价值与地位研究:以引书考索为中心》《太平寰宇记》是一部著名的历史地理总志。全书200卷,约130余万字,是继唐代《元和郡县志》以后的又一部采摭繁富的地理总志。览此书,可以收到不下堂而知五土,不出户而观万邦的效果。《乐史<太平寰宇记>的文献学价值与地位研究:以引书考索为中心》对全国各州县的山川形胜、历史沿革、风俗、物产、人物和艺文等,都有较详细的记载。
中国・本の情報館~東方書店 東方書店トップページへ
会社案内 - ご注文の方法 - ユーザ規約 - 個人情報について - 著作権について