中国・本の情報館~東方書店~
サイト内検索
カートを見る
ログイン ヘルプ お問い合わせ
トップページ 輸入書 国内書 輸入雑誌  
本を探す 検索   ≫詳細検索
詳細情報
北鸢
葛亮
出版社:人民文学出版社
出版年:2016年10月
コード:422347   492p  21cm ISBN/ISSN 9787020118076
 
価格 3,402円
  在庫僅少
小社の在庫が2,3部以下のものです。店頭在庫については別途お問合わせください。
 
カートに入れる
本書は、中国の著名な当代作家葛亮の新作長篇小説。主人公のモデルは著者の祖父。書名の「北鳶」は曹雪芹の《南鷂北鳶考工志》に由来する。民国時期の大家族の日常を綴った物語で、当時の社会の森羅万象を緻密に描いた力作である。

作品に描かれるのは民国期から20世紀半ばまで、中国社会が大きく変化した時期である。ストーリーは名門の商家に生まれた盧文笙の成長から書き起こされ、波乱に富んだ激動の時代を、二つの家族の運命の浮き沈みに託して描き出している。
人生はまるで一本の糸につながれた凧のようで、運命はあちこち漂い落ち着くところがなく、人々は自身のバックボーンを頼みの綱としてかろうじて生きていく。政治屋、軍閥、寓公(元官僚や富裕層で国外にいる人)、文人、商人、役者…作品中には、民国期を象徴する典型的な人物が100人以上も登場し、そして舞台から消え去っていく。群像が交錯し合い、人々の熱気が充満していた時代、主人公の青年文笙は様々な経験を繰り返し、一歩また一歩と前へ進んでいくが……。

目次:
序:此情可待成追憶(陳思和)
自序:時間煮海
楔子
第一章
  孩子 /抓周 /天津 /立秋 /寓公 /家変
第二章
  新年 / 僑民 /祖先 /先生 /青衣 /風筝
第三章
  少年 /本命 /熙靖 /医院 /雅各 /故人
第四章
  秘密 /姐姐 /清明
第五章
  遠行 /耀先 /克兪 /万象 /思閲
第六章
  慧容 /重逢 /和田 /蛮蛮
第七章
  楊楼 /帰来 /流年
第八章
  盛世 /流火 /蘇舎 /江河
尾声
■編著者紹介
葛亮: 1978年生まれ。本籍南京。香港大学中文系卒、博士号を取得。現在香港在住。香港浸会大学副教授。作品は長篇小説《朱雀》;小説集《七声》、《謎鴉》、《浣熊》、《戯年》、《相忘江湖的魚》;文化随筆《絵色》など。第一回香港書奨、香港芸術発展奨、台湾聯合文学小説奨首奨、台湾梁実秋文学奨などを受賞。
中国・本の情報館~東方書店 東方書店トップページへ
会社案内 - ご注文の方法 - ユーザ規約 - 個人情報について - 著作権について