中国・本の情報館~東方書店~
サイト内検索
カートを見る
ログイン ヘルプ お問い合わせ
トップページ 輸入書 国内書 輸入雑誌  
本を探す 検索   ≫詳細検索
詳細情報
知日 30 怪谈
苏静 主编
出版社:中信出版社
出版年:2015年07月
コード:403342   159p  26cm ISBN/ISSN 9787508652504
 
価格 2,948円
  在庫僅少
小社の在庫が2,3部以下のものです。店頭在庫については別途お問合わせください。
 
カートに入れる
中国初となる、「日本」を専門テーマにしたムック誌。在日作家の毛丹青を主筆に迎え、編集長以下ほとんどの作り手が、現代の日本文化に関心が深い“80後”世代。“it is Japan”をキャッチコピーに掲げ、中国人の若者が、中国人の目線に立ち、中国人のために作る「日本専門誌」。毎号硬軟織り交ぜたテーマを決め、日本文化を深く掘り下げて伝えている。

今期のテーマは「怪談」。怪談は、日本の風土や社会現象、人々の心理によって次第に形成されてきた日本独自の文化であり、人々の想像力や伝説の中から生まれて来た。日本では恐怖映画や推理小説、オカルト漫画などとして、文学や影像、コミックの分野において確固たる存在感を示している。
本誌では、古典『雨月物語』『四谷怪談』や、オカルト映画『リング』『呪怨』『ほんとにあった怖い話』、さらに日本文学史に名を残す小泉八雲、漫画家・伊藤潤二、テレビドラマ『世にも奇妙な物語』など、怪談に関連する日本の映画やドラマ、書籍、漫画、さらに落語、浮世絵の記事を掲載、じつに多彩なテーマから日本独特の文化「怪談」を紹介する。

怪谈年代记
 日本怪谈文化的成立与变迁

你在怕什么?
 身边的恐怖物件

把恐惧当作快乐
 日本怪谈7人谈

小泉八云与《怪谈》
 一个希腊人眼中神秘浪漫的日本

日式恐怖片之父鹤田法男
 隐匿于日常的真实恐怖故事
 Interview 鹤田法男

被诅咒的录像带
 从《午夜凶铃》诞生的恐怖之谜
 Interview 高桥洋

小中千昭
 用技术抵达恐怖的本质
 Interview 小中千昭

身临其境的恐怖体验
 怪谈落语的古典魅力
 Interview 林家正雀

日本神秘学文化再考
 周而复始的神秘体验

山白朝子
 欢迎来到灰乙一的怪谈世界
 Interview 乙一

伊藤润二
 对平常无奇的事进行思考
 Interview 伊藤润二

黑白世界中的斑斓梦魇
 经典恐怖日漫代表作
东雅夫
 胆小的怪谈主编
 Interview 东雅夫

《世界奇妙物语》
 开启奇妙世界的大门
 Interview 蓜岛邦明

武田崇元
 昭和魂般的神秘学热潮推手
 Interview 武田崇元

东京占卜业大扫描

筱田恵美
 帮你向宝石许一个心愿
 Interview 筱田恵美

英名二十八众句
 浮世绘妙手记录的战乱年代

翻案小说中的异世界
 上田秋成《雨月物语》与蒲松龄《聊斋志异》

人造生灵
 民俗中的神怪与信仰

无奇不有异世界
 日本奇幻灵异的另类阅读

东京的神秘能量地图

别册
 日和手帖
 围住安闲的生活
 regulars
 【器】可杯
 【李一的兴味对谈】第一回JUN OSON 做插画家比艺术家难的原因
 【吴东龙的日本酒店设计观察】小资族的设计旅店
 【施小炜×施依依 东京生活记事】第一回“早餐女子”的“可爱”最前沿
 【告诉我吧!日语老师】新科技时代下的日语

中国・本の情報館~東方書店 東方書店トップページへ
会社案内 - ご注文の方法 - ユーザ規約 - 個人情報について - 著作権について