中国・本の情報館~東方書店~
サイト内検索
カートを見る
ログイン ヘルプ お問い合わせ
トップページ 輸入書 国内書 輸入雑誌  
本を探す 検索   ≫詳細検索
詳細情報
唐代中层文官
赖瑞和
出版社:中华书局
出版年:2015年08月
コード:351819   531p  240cm ISBN/ISSN 9787101079623
 
価格 5,821円
  在庫無し
現在、小社に在庫がございません。海外からの取り寄せとなります。
 
カートに入れる
本書は、下記の内容から構成される。自序/導言:本書的研究范囲・「非士職」:唐代士人不做華何官?唐代官場的四個「模範」・唐代士人的任官規律・唐代士人的常任官模式・本研究課題的「代表性」・唐代「士人」的定義和特色・基層、中層和高層文官的定義・研究文献回顧/第一章、監察御史、殿中侍御史和侍御史:御史的起源、変革和組織・御史的官品和清要地位・御史的選任・「摂」御史和「兼」御史・真御史、使府御史和外台御史・外台御史和監院御史・内供奉和裏行・幕府軍将武職掛御史銜・結論/第二章、拾遺和補闕:拾遺補闕的基本輪廓・皇帝的「侍臣」和「近臣」・官品問題・作為初任官・初除官年齢・文詞之美和任官条件・何人不可任遺補?「官」和「職」以及拾遺補闕作為階官・拾遺補闕「内供奉」・結論/第三章、員外郎和郎中:郎官的起源和員額・二十六司的不同地位・郎官的地位和官品・員外郎和郎中的別称・郎官的職掌・郎官和刺史・郎官知制誥・郎官和翰林学士・郎官和史館修撰・検校郎官・結論/第四章、県令:唐県的等級和県官的地位・県令的三大類型・赤畿県令的選任・郎官出宰京畿・唐前期的望緊上県令・唐後期的望緊上県令・唐前後期中下県令・「摂」県令和地方長官自辟的州県官・唐後期県令主要職務的側面観察・結論/第五章、司録、録事参軍:従勾官到通判官和専知官・京城和京外的録事参軍・不同等級的司録、録事参軍・唐前期録事参軍(政典和出土唐代文書中所見)・唐前期録事参軍(墓誌中所見)・唐後期的録事参軍・墓誌中所見的両個唐後期司録参軍・令録:県令和録事参軍・唐中葉以後的「摂」録事参軍・結論/第六章、判官:唐代「判」的意義・判官的起源和演変・「本判官」和「四等」官及勾官・狭義判官的五大類型和名目・重要詩人任判官・方鎮判官・財経系判官・皇朝特使判官・京城諸使判官・内諸司使判官・判官的官銜・結論/第七章、総結:附録:唐代中層文官毎月俸料銭一覧表/参考書目
中国・本の情報館~東方書店 東方書店トップページへ
会社案内 - ご注文の方法 - ユーザ規約 - 個人情報について - 著作権について